So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

<裁判員裁判>初の「心神喪失で無罪」主張 東京の放火事件(毎日新聞)

 自宅に放火したとして、現住建造物等放火罪に問われた東京都杉並区の無職、平沢美樹被告(27)の裁判員裁判が5日、東京地裁(波床<はとこ>昌則裁判長)で始まり、弁護側は「事件当時、してよいことと、してはいけないことの区別がつかない状態だった」と述べ、心神喪失による無罪を主張した。裁判員裁判で、責任能力を理由に無罪主張するのは全国で初めてとみられる。

 公判は土日を挟んで8、9日に審理を行い、10日に判決を言い渡す予定。

 起訴状によると、平沢被告は09年3月24日夜、自宅2階洋間のベッドに敷かれた布団にライターで火をつけ、壁など約13平方メートルを焼いたとされる。東京地検は約3カ月間鑑定留置して精神鑑定を行い、完全責任能力があったとして起訴した。

 初公判で平沢被告は起訴内容について「間違いない」と述べたが、弁護側は「当時は、うつ病か統合失調症で、善悪の区別がつかない状態だった」と主張した。検察側は冒頭陳述で「母親に強い不満を持ち、道連れに自殺しようとした。当日の行動も合理的」と指摘した。【伊藤直孝】

【関連ニュース】
裁判員裁判:強殺事件の被告に無期懲役判決 鳥取地裁
裁判員裁判:裏切られた 保護観察中に窃盗、実刑に
裁判員裁判:検察側は無期懲役求刑 鳥取強殺事件
掘り出しニュース:被告が法廷で読経 裁判長「だいたい合ってるね」
サンデーらいぶらりぃ:小林 照幸・評『死刑の基準 「永山裁判」が遺したもの』堀川惠子・著

<行政書士>警視庁が監視強化 外国人の不法就労助長(毎日新聞)
京都府警 世界遺産周辺の組事務所開設厳禁 条例を提案へ(毎日新聞)
架空取引で佐川急便から詐取 計1億6千万円か(産経新聞)
朝の京阪電車踏切で女性死亡 1万1千人に影響(産経新聞)
日本航空 再生へ決意 痛み受け止め「離陸」(毎日新聞)

<毎日新聞社>新潟日報社に印刷委託 安定輸送を実現 (毎日新聞)

 毎日新聞社と新潟日報社は8日、新潟県内で配達する毎日新聞約2万7000部を、新潟日報社の印刷センター(新潟市西区)で印刷することで基本合意したと発表した。印刷開始は2012年春を予定している。

 毎日新聞社は現在、新潟県内向けの新聞を関連会社「毎日新聞北関東コア」(群馬県高崎市)で印刷している。今回の印刷委託により、長距離輸送の必要がなくなり、積雪期でも安定した輸送が可能になる。

 両社はこれを契機に協力関係をさらに強化し、読者サービスの向上につなげる方針。

【関連ニュース】
阿久根市長:毎日新聞など5社を名指し批判 議会出席拒否
医療事故書籍:集英社と毎日新聞記者 賠償命令判決確定
びわ湖毎日マラソン:佐藤が2位 優勝はツェガエ
毎日育英会奨学生:卒業祝賀会を東京で開催
別大毎日:広瀬・大分県知事、市民マラソン化を提案

「カンガルーケア」中に赤ちゃん呼吸停止 長崎の産婦人科医院(産経新聞)
宮城・岩手の養殖施設への津波被害、十数億円超(読売新聞)
参加条件「小沢氏喚問」は筋違う=首相(時事通信)
「事務方のミスで…」遅刻の原口総務相、ツイッターで陳謝(産経新聞)
<訃報>小川シゲさん83歳=中村歌六さんと歌昇さんの母(毎日新聞)

政務三役は県連役職返上=小沢氏提起、政府に要請へ(時事通信)

 民主党の小沢一郎幹事長は2日の党役員会で、閣僚や副大臣など各省政務三役の負担を軽減するとして、各都道府県連の代表など主要ポストに就いている場合はその職を返上することを提案、了承された。今後、政府側に申し入れる。
 小沢氏は役員会後、記者団に「政務三役で県連の実質的な役員をしている方が結構多い。政務三役はもっぱら国政に集中して全力を尽くしてもらう。残った者が県連の役員や選挙などを直接的に行うことでいいのではないか」と語った。 

【関連ニュース】
【特集】「陸山会」土地購入事件〜「小沢氏、幹事長を辞任すべき」72.5%〜
「大政翼賛会」は続かない〜民主・渡部元衆院副議長インタビュー〜
なれ合い政治から脱却を〜自民党・園田幹事長代理インタビュー〜
自民の歴史的役割終わった〜自民・舛添要一前厚生労働相インタビュー〜
場外戦にもつれ込む「小沢捜査」の内実

弁護士の懲戒処分、最多76件…人数増要因?(読売新聞)
前田日明氏の公認一転見送り!民主参院選1次候補(スポーツ報知)
年金追納期間を10年に延長、改正案を閣議決定(読売新聞)
城内議員が「浅田選手記事」で謝罪 「多くの人の気持ち逆撫でした」(J-CASTニュース)
教員の政治活動罰則検討…衆院予算委で首相表明(読売新聞)

<中2自殺>いじめか? 手紙でほのめかす 東京・清瀬(毎日新聞)

 東京都清瀬市の市立中学に通う2年生の女子生徒(14)が2月15日、自宅マンションから飛び降り自殺していたことが分かった。市教委関係者によると、本人が書き残した手紙の文面に、同級生らからいじめを受けていたことを示唆する内容があったという。

 市教委指導課によると、女子生徒は2月15日午前8時10分ごろ、市内にある自宅マンション前で倒れており、病院へ搬送後に死亡が確認された。警視庁東村山署が調べた結果、事件に巻き込まれた形跡はなく、マンションから飛び降りて自殺したとみられる。

 手紙は、2月26日に見つかった。学校側はいじめを苦にした自殺だった可能性があるとして、今月1日に保護者会を開き、同級生らから事情を聴くことについて了承を得たという。市教委は3日、会見を開き女子生徒の自殺に関する調査結果を公表する。

 ◇学校が口止め

 2日夜、毎日新聞の取材に応じた女子生徒の同級生(14)によると、自殺があった翌日、学校側から生徒たちに転落死の事実が伝えられ、「外部に言わないように」と口止めされたという。

 2日になり、担任の教諭が遺書が見つかったと説明。その後、同じ学年の生徒全員が1人ずつ別室に呼ばれ、女子生徒に変化がなかったかなどについて聞かれたという。同級生は「(女子生徒が)いじめられている様子は感じなかった。驚いている」と話した。【袴田貴行、山本将克】

【関連ニュース】
<ニュースがわかる>防ごう!ネットいじめ/1 子どもに広がる被害
<ニュースがわかる>防ごう!ネットいじめ/2 学校の裏サイト
<ニュースがわかる>防ごう!ネットいじめ/3 なくす方法は?
<ニュースがわかる>防ごう!ネットいじめ/4止 ルールと責任
ピア・サポート事業:中学生活の不安解消、進学予定児童が交流−−大阪・寝屋川

津波「Jアラート」が誤報、システム不具合?(読売新聞)
森光子さん「放浪記」公演中止=健康上の配慮から(時事通信)
<裁判員裁判>鳥取強殺公判 裁判員が被告の妻に質問(毎日新聞)
ドタバタ続きでつまずく大阪府のプレミアム付き商品券(産経新聞)
アステラス、がん領域強化で米社にTOB(医療介護CBニュース)

<放浪記>5月5日からの公演中止、森光子さんの体調に配慮(毎日新聞)

 東宝は26日、5月5日から東京都千代田区のシアタークリエで予定していた森光子さん主演の舞台「放浪記」の公演を中止すると発表した。森さんが、公演前の健康診断で「4時間に及ぶ大作に連日出演することは、体に差し障る恐れがある」とされたため。日常生活に支障はないという。

 森さんは1961年以来、「放浪記」の林芙美子役を演じ、昨年5月末で上演回数は2017回に達した。この功績で国民栄誉賞を受賞している。東宝によると、今後もこの舞台を続けるかどうかは未定。チケットの払い戻しに関しての問い合わせは、シアタークリエ(電話03・3591・2400)。

【関連ニュース】
<森光子>卒寿祝いにでんぐり返し解禁!?
<森光子>麻生首相にDVDプレゼント 国民栄誉賞受賞会見
<今、平和を語る>女優・森光子さん
<森光子>紅白歌合戦審査員に 勝間和代氏も
<森光子>左手薬指にダイヤがキラリ 「婚約会見みたい」と笑顔

小沢幹事長 「トヨタ問題で対策を」谷亮子さんから要望書(毎日新聞)
<鳩山首相>親が自殺した遺児と官邸で面会(毎日新聞)
大腸がん治療用の抗体医薬品の承認を了承―医薬品第二部会(医療介護CBニュース)
「電子制御装置」に欠陥あるのか トヨタ車の急加速・急発進で疑念(J-CASTニュース)
ストーブで寒さしのぐ避難住民「家屋が心配」 岩手・大船渡(産経新聞)

<指定暴力団>稲川会の角田会長が病死(毎日新聞)

 指定暴力団稲川会(本部・東京都港区)の角田吉男会長(77)が23日午後、東京都文京区の病院で死亡したことが分かった。警察当局によると、死因は膵臓(すいぞう)がんとみられ、昨年末から入院していたという。

 稲川会は構成員約4800人(09年5月1日現在)で山口組、住吉会に次ぐ全国3番目の規模。

高校無償化法案が審議入りへ=民主のマニフェスト施策−衆院(時事通信)
中日・ネルソン投手逮捕、銃弾1発所持の疑い(読売新聞)
鳥取2人殺害の裁判員裁判、検察が無期求刑(読売新聞)
<大津波・津波警報>鉄道24路線、東名高速などに影響(毎日新聞)
<桜島>「ドカ灰」垂水市に集中 農作物深刻(毎日新聞)

<雑記帳>“究極”のすし折り登場 18店の定番詰め合わせ(毎日新聞)

 京都市下京区の京都高島屋で24日始まった「京の味ごちそう展」に、市内の老舗すし店18店の定番や自慢の一品を詰め合わせた“究極”のすし折りがお目見えした。

 発足60周年を迎えた京都寿司(すし)のれん会が企画。「いづう」のサバ姿ずしや「伊豫又(いよまた)」のふくさずしなど各店が1種類ずつを持ち寄り、計18種類の味が3501円で楽しめる。

 3月2日まで1日30個限定販売。しかし午前中で売り切れる初日の人気で25〜28日は50個に変更した。担当者は「遊び心優先で、もうけはなし」と気っ風のよさは江戸前風。【山本直】

【関連ニュース】
第236回 「ツナとクレソンの洋風ちらし寿司」
飛騨牛しぐれ寿司〜高山線・高山駅(岐阜県)
玄氣いなり〜東北新幹線ほか・宇都宮駅(栃木県)
飛躍:前工センバツへ 第2部 伝統つなぐ人々/3 すし店経営のOB林さん /群馬
ジャンボ巻き寿司:32.13メートル 過去最多173人が参加、大会新記録 /兵庫

参院選「本格保守」アピール=外国人参政権、夫婦別姓に反対−国民新(時事通信)
石巻3人殺傷、解体工少年が殺害認める供述(読売新聞)
感染経路は特定できず=愛知の鳥インフル(時事通信)
<劇団>「ふるさときゃらばん」経営破綻 負債6億円(毎日新聞)
<訃報>南方英二さん77歳=チャンバラトリオのメンバー(毎日新聞)

整形で逃亡はさせない! 警察庁と美容外科団体が協定(産経新聞)

 警察庁は25日、指名手配容疑者が美容外科を受診した場合に素早く発見、通報してもらえるよう、手配犯の写真や身体的特徴をまとめた手配書を全国の美容外科医院などに常備すると発表した。3月1日から運用を始める。

 顔を変えて別人になりすますという逃亡手口を封じることがねらいで、すでに情報提供に関する協定を「日本美容医療協会」(加盟医師数507人)と「日本美容外科医師会」(同514人)の2団体と結んだ。

 警察庁が指名手配容疑者の写真や身体的特徴を掲載した冊子を作成し、両団体が部内誌に折り込んで関係する医療機関に配布する。

 当初分には、地下鉄サリン事件などで手配されたオウム真理教信者の3人を含む18人を掲載、逮捕された場合など必要に応じて差し替える。

 医師には守秘義務があり、受診者情報を診療以外の目的に使用することはできないが、警察庁によると、目撃した指名手配容疑者を通報することには問題はなく、詳細な情報については公文書で要請して提供を受けるという。

 美容外科をめぐっては、昨年、英国人女性に対する殺人などの罪で起訴された市橋達也被告(31)が、逮捕されるまでの約2年7カ月間、愛知県などの美容外科で手術を受けて別人になりすましていたことが判明。逮捕後の顔立ちが逃亡前に撮影された手配写真と大きく異なっていたことが長期の潜伏を許した一因にとして警察庁が対策を検討していた。

【関連記事】
整形・肉体改造で手配時と“別人” 窃盗容疑の男
木島被告、6度目の逮捕は…婚活相手から四百数十万円
市橋弁護団vs捜査当局、すでに激しい“つばぜり合い”
日本男児もメロメロ 比オカマちゃんの魅力って?
ウッズ顔面骨折してた!妻にアイアンで殴られ

「教育費、社会で負担を」=高校無償化法案が審議入り−衆院(時事通信)
「ブラッドパッチ」の保険適用を要望―脳脊髄液減少症研究会(医療介護CBニュース)
普天間移設「ベストを探す」=鳩山首相(時事通信)
一括交付金化で地方補助金削減も=菅財務相(時事通信)
雑記帳 身体障害者100人がたすきをつなぐ日本縦断駅伝(毎日新聞)

<ハイチ大地震>「手術用機器の整備が急務」日赤チーム報告(毎日新聞)

 大地震で被災したハイチの首都ポルトープランスに派遣されていた日本赤十字社の医療チーム第1班の5人が23日、東京都港区の日赤本社で帰国報告会を開いた。仮設診療所での約3週間の治療活動を振り返り、「重症患者を搬送できる病院が不足しており、手術用機器の整備が急がれる」などと訴えた。

 5人は整形外科医の岡村直樹さん(34)=熊本赤十字病院、看護師の関塚美穂さん(40)=名古屋第二赤十字病院=らで、地震発生から4日後の1月17日に日本を出発。1万5000人程度が暮らす避難民キャンプに隣接するテント型診療所で、1日100人前後の患者を診療し、皮膚移植手術や感染症の予防接種も実施した。

 今月21日に帰国した岡村さんは「傷口の消毒が不十分な状態で縫合を受けた患者もいて、地震発生直後の混乱がうかがえた。症状に応じた丁寧な治療が必要だと感じた」。関塚さんは「キャンプは水道やトイレの不足が深刻で、感染症が発生すると一気に拡大する恐れがある」と今後の課題を指摘した。

 ハイチでは現在、日赤が派遣した医師や看護師ら22人がポルトープランスと激震地レオガンを拠点に活動しているという。【福永方人】

【関連ニュース】
ハイチ大地震:雨期に備え緊急支援要請 プレバル大統領
ハイチ大地震:陸自医療援助隊の100人帰国し解組式
皇太子さま:雅子さまは「着実に快復へ」50歳会見(3)
五輪スノーボード:神戸に恩返し 震災被災の家根谷選手
ハイチ大地震:復興支援活動の候補地視察 陸自PKO

五輪スピード 長島選手に報奨金1000万円…所属の企業(毎日新聞)
「脚本読んで電気が走った」=ベルリン映画祭で女優賞の寺島しのぶさん(時事通信)
「押尾被告は事実話して」麻薬譲渡被告の初公判(読売新聞)
見過ごされてきた科学研究の「無駄遣い」 有効活用の方策は…(産経新聞)
首相動静(2月22日)(時事通信)

移転せず再整備を=反対派グループが提案−築地市場問題(時事通信)

 東京都の築地市場(中央区)の移転反対派でつくるグループ「21世紀築地プロジェクトチーム」は18日、都庁で記者会見し、築地市場の再整備案を発表した。都が計画している豊洲地区(江東区)には移転せず、現在の場所での再整備を柱としている。
 グループは、市場内で働く仲卸業者らがメンバーだが、築地市場がある衆院東京2区選出の中山義活首相補佐官も発起人に入っている。再整備案では、2016年夏季五輪招致でメーンスタジアム予定地だった都有地の活用を提言。市場内の業者の一部が都有地へ仮移転し、営業を続けながら再整備する方法などを示している。 

【関連ニュース】
【特集】近代オリンピックとその時代〜第1回アテネから北京まで
〔写真特集〕聖火を再び・昭和39年東京五輪
衆院予算委の詳報
米大統領との対面実現に期待=五輪では長崎との一体感強調
「広島・長崎五輪」に協力=神戸市長

「おらがまちに嫁を!」地方の“婚活”最前線 (産経新聞)
「体が勝手に動いた」=背後に警笛、迫る電車−線路転落女性救助の男性(時事通信)
<東京都議会>元議員3人の政調費公開、領収書写しすべても(毎日新聞)
「主張正しいと推察」=元Jリーガー釈放で弁護士(時事通信)
<地震>東京、千葉、神奈川で震度3=17日午前4時59分(毎日新聞)

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は180日以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。