So-net無料ブログ作成
検索選択

民団新年会でのあいさつ要旨(下)中井国家公安委員長「今国会で成立をさせたい」(産経新聞)

 【民主党の中井洽国家公安委員長(日韓議員連盟を代表してのあいさつ)】

 「鳩山内閣で国家公安委員会委員長、警察の監督でございます。パチンコ業界もこの中に入っております中井洽です(笑)。同時に日韓議連のメンバーで、今、森(喜朗)会長のもとで副会長をしています」

 「きょうは森さんがご出席できないということで急遽(きゅうきょ)、私が代理をしていいかよく分かりませんが、一言お祝いを申し上げます」

 「韓国は本当に皆さんの努力で先進国、そして援助する側に回られる。こういう発展を遂げておられることをわがことのようにうれしく思っております。今年1年の一層のご発展をお祈り申し上げると同時に、鳩山内閣におきまして、この5日の閣議で(鳩山由紀夫)総理から『法案に取り組む、参政権の法案に内閣として取り組む、原口(一博)総務大臣が担当で法案つくりを』といわれたわけでございます」

 「いよいよスタートします。立派な法案を作って今国会で成立をさせてさらに韓日、日韓友好親善を増進させていきたい。そんな思いであります。みなさんのご理解、ご協力をお願いを申し上げます。鳩山総理は就任後、最初に韓国を訪れて李明博大統領と会談をいたしました。ご歓迎いただいたことを閣僚の一人としてお礼申し上げる。私は拉致担当大臣として韓国との情報交換ということでお国を訪ねいたしました。大変お世話になったことをお礼を申し上げます」

 「鳩山さんは韓国へいろんな政治的な判断で行かれると同時に、昨日、韓国の俳優と夫婦でごはんを食べてました。奥さんの趣味かご当人の趣味かよく分かりませんが、大変な韓国びいき、韓国好きでございます」 

 【西野陽・自民党副幹事長】

 「実は谷垣禎一自民党総裁が参りましてごあいさつを申し上げるところですが、よんどころなき所用のために大変失礼いたします」

 「私自身も日韓議連の役員をさせていただいており、国家間の相携えての議論をいたし、友好を深めている間柄の一人でございます。私は関西でございまして、大阪でございます。大阪には実は民団の皆さん方が大変多くいらっしゃる。おそらく全国の中で、大阪が民団の方が一番多いのではないかと思っております」

 「(略)わが国から一番近い国は韓国でございます。文字通り、一衣帯水であります。そして今年は日韓の国交が正常化して45周年の節目に当たる年でもあります。こういうときでありますだけに、自由と民主主義を標榜する両国が、新しいアジアの時代を切り開くために相携えてアジアの発展のために尽くす役割があるのではないかと思っております」

 「民団の皆さんが、大変な地道な活動を展開しながら両国の繁栄のために大変な礎をしていただいていることをお礼申し上げます。自民党は野党になりましたが、必ず韓国との友好親善に大いに進めていくことをお誓い申し上げます」

 【浜四津敏子・公明党代表代行】

 「公明党は日韓の間で一番の問題になってまいりました参政権の問題につきまして、当初から10年来取り組ませていただいてまいりました。それは私たち日本にとって韓国は文化の大恩の国である。兄弟、お兄さん、お姉さんの関係である。公明党の議員はその思いを共通にして、力強く地道に必ずこの参政権の問題、解決してみせる。そういう覚悟で10年間取り組んでまいりました。これからもあともう少し、問題が残されているようでございますけれども、私どもは決してあきらめず、ほんのひとつ、ふたつの問題を一生懸命、真剣に解決して、本当の意味での新しい100年、新しい出発ができますよう全力を尽くしてまいります」

 「(略)本年が特別にすばらしい年になりますよう一生懸命、ご祈念してごあいさつにさせていただきます」

 【江田五月参院議長】

 「いろんな方からいろんな話があったので個人的なことだけ申し上げたいと思いますが、私の父は韓国で勉強したんですよ。戦前、私の父のところは貧乏だったんですね。小学校を出て、『三郎、もう学校はこれでおしまい』。お姉さんがソウル(旧京城)へ嫁いでまして、『三郎、おまえソウルまでひとりでくるなら次の学校に入れてあげるよ』というので、小学校出たばかりの12歳ですかね、渡っていって、ソウルまでいって、学校を卒業した。韓国にはたくさん友達がいます」

 「その血が私の娘に受け継がれまして、娘の夫が日本人なんですが、韓国でキリスト教の洗礼を受けた。韓国で結婚式をして私も参列しました。そんな関係で兄弟以上の関係だと思っております」

 「日本と韓国が仲良くなるスタートを切ったころには日本の政治もがたがたして、日韓条約反対というのもありましたけれども、私もすみのほうでわーと言っていたかもしれませんが、韓国で大きくなった父をもつ私ですから、日韓関係がこんなに良くなるのを喜ばないはずはないんで」

 「参政権の問題もどうやら今朝の新聞によるとぐっと前に出てきたようです。(参院議長である)私がどうのこうのというわけにはいきませんが、なんか調査によるとこの法案が進まないのはなぜか。いろんな人がいろんなこといっている。今議長だからそんなこと言いませんが、先ほどから聞いてますと、(新年会に出席した)どの議員の皆さんも、どの党の皆さんも、全部これをやろうということのようですから」

 「すばらしい友好関係を進め平和な東アジアを作っていこうではありませんか」

 【穀田恵二・共産党国対委員長】

 「(略)永住外国人の参政権の問題です。地方自治体の運営を永住外国人を含むすべての住民の参加によってすることは日本国憲法の保障する地方自治の原則からいって当然のことであります」

 「永住外国人を地方自治の担い手として迎えることは、わが国の民主主義の発展と成熟の観点からいって、極めて重要な課題であります。外国人住民を尊重する日本社会を築くことは日本が真の国際化を図る上で不可欠の課題でもあります」

 「私どもは1998年に投票権だけでなく被選挙権、住民投票権を含む法案を提出し、以来、皆さんとともに実現を目指してきた」

 「(略)今年こそ新しい100年のスタートとして永住外国人の地方参政権を実現するために奮闘する決意であります」

 【赤松広隆農水相(昨夏の衆院選当時の民主党選挙対策委員長)】

 「鄭進団長をはじめ民団の皆さまには昨年、特にお世話になりました。今、農水大臣ですが、その前は選対委員長やっていたもんですから、全国各地で、直接皆さん方、投票いただけませんが、いろんな形でご支援をいただいた。それが308議席、政権交代につながったと確信いたしております」

 「そのときの皆さんの思いは政権交代ができれば、民主党中心の政権ができれば、必ずこの15年間、16年間取り組んできた地方参政権の問題が解決するんだ。その思いで、全国で私どもを応援していただいたんだと思っております。心から感謝申し上げます。その意味で公約を守るのは政党として議員として当たり前のことですから、この政権の中で、鳩山総理の決意のもとで、あるいは小沢幹事長、民主党の与党の強い要請のもとでこの通常国会、必ずこの法案を成立をさせ、皆さん方の期待に応えていきたいと思います」

 「やっとここまでやってきたなあ。本当にあと一歩だなあと感激でいっぱいでございます。まさにこの問題は本当に日本の民主主義がホンモノなのかどうか、本当に共生社会に向かって日本がいくのか、いかないのかが問われている課題だと思ってます。日本の国民の良識、議会の良識を信じながらその先頭に立って頑張ることをお誓いします」

 【權寧建・在外同胞財団理事長】

 「皆さんの宿願である地方参政権を獲得し、日本国民とさらに助け合い、愛され、親しまれる韓国人として韓日協力関係への架け橋となってくれることをお願い申し上げます」(以下略)

 【李時香・東京地方団長】

 「念願の地方参政権獲得が目前に迫ってきております。2010年の今年は必ず地方参政権が実現され、民団と在日同胞にとって歴史的な悲願の年となるよう祈願するとともに、本日ご臨席いただいたご来賓のみなさんのご健勝とご多幸を祈念して乾杯の音頭をとらせていただきます。乾杯(こんぺ)」

(終わり)

【関連記事】
首相や民団が外国人参政権で「推進大合唱」 原口総務相は慎重姿勢も
「理屈通らない小沢理論」帰化促進にはならず 外国人参政権
 外国人参政権法案「錦の御旗として今国会で実現」 民団の新年会で民主・山岡氏
政府・民主党が外国人参政権法案の通常国会提出を確認 国論二分へ?
小沢氏主導で「外国人参政権」が新たな火ダネに? 

私はカウンセラー、今日も休みなし
ピアノマン
f4iwj2m3のブログ
いつでも、元気な歯科医です。
漁師の仕事はプライドが大事!
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。